vol.45 マヨリカ焼きを訪ねて

vol.452021/5/1カートに入れる

イタリアの主な製陶地の特徴とマヨリカ焼きの魅力

イスラムからの長い道のりを経て、11世紀から13世紀のシチリアルートと、14世紀から15世紀にスペインマヨルカ島を経たトスカーナルートの二つが、イタリアへの流入とされるマヨリカ焼き。
その後、貴族文化と共に開花し、それぞれの土地のもつ風習、風土によって個性豊かな陶器文化が彩られていく。
今回はそんなマヨルカ焼きの聖地とも言える、エミリア・ロマーニャのファエンツァで活躍する3人のマエストロのインタヴューを中心に、イタリアマヨルカ焼きの魅力の一片を感じられる特集。

第2特集
おいしいイタリア
郷土の味を旅しよう! ~南イタリア、島編~

よく知られたもの、珍しいもの、その土地と歴史に育まれてきたイタリア各地の料理と特産品を紹介。
最新号は、イタリアズッキーニクラブ(読者会員)、イタリアズッキーニパートナーズ(配布店舗)会員様を優先させていただいております。
つきましては、『イタリア好き』にご興味をもっていただいた方は、ぜひ、特典満載の会員登録をご検討ください!
※1冊単位にて最新号をご希望される方は、次号発行以降、本号がバックナンバー扱いとなりましたら、
バックナンバーページよりお買い求めいただけます。