zucchini のすべての投稿

イタリア好きの好きなイタリア

[著:松本浩明 写真:萬田康文]


この本は、僕の記憶に鮮明に残ってるイタリア人の、力強く生きる姿や彼らとのふれあい、その土地の魅力と食べ物のことを中心に書き下ろしました。萬田康文さんのドラマティックな写真とともに、深くて豊かなイタリアとそこに暮らす人々の魅力を感じていただければ、もっと”イタリア好き”になること間違いのない1冊。 イタリア好きの皆さんにはぜひ読んでいただきたい。

マッシモ松本

■第一章:リグーリア
イタリア好きの好きなイタリア「第一章:リグーリア」
イタリア好きの好きなイタリア「第一章:リグーリア」
■第三章:サルデーニャ
イタリア好きの好きなイタリア「第三章:サルデーニャ」
イタリア好きの好きなイタリア「第三章:サルデーニャ」
世界文化社刊 定価:1,980円(税込)
※送料250円

ポッリーノ国立公園初のビジターセンターと若者が引っ張るSDGsの取り組み

食べて学べて買い物もできる。
ポッリーノ国立公園初のビジターセンター誕生!

イタリア最大の面積を誇り56の市町村からなるポッリーノ国立公園。バシリカータ州にもまたがる広大な公園内の伝統や文化を紹介するビジターセンター、カタスタが昨夏誕生した。
ポッリーノ国立公園内にある木材を多用したカクタスの全景。
本来「カタスタ」とは、材木集積地にあった小屋のこと。それを模して作られたカタスタ内部は、木材を多用したシンプルだけれども温かみを感じる大きな空間が特徴。
地域特産品が豊富に並ぶ。特に豆類はおすすめ。
手前の白い箇所は公園全域の3Dマップ。
入口には電動バイク貸し出し所や国立公園ガイドの有資格者(全員バイリンガル以上)が常駐する案内所、公園内で作られる農産物を中心とした特産品を販売する店(ボッテガ)があり、中央部には、園内で採れる食材のみを使うバー&ビストロ、そして後方部にはイベントスペースが広がる。
案内所での予約は、アウトドア系アクティビティが人気。
案内所では園内の各種アクティビティ予約が出来、店はカタスタ限定品が揃う買い物天国。ビストロでは、地元の味をはじめ、朝食から郷土菓子をいただけるのもうれしい。
この夏にはロードバイク愛好家向けサービスも拡充予定で、地域唯一のツーリストハブとして今後も目が離せない。

Catasta

住:S.da Statale 19 delle Calabrie, Morano Calabro(CS)
Tel:0981 1907009
HP:https://catastapollino.com/
営:
冬期10:30~17:00(火~金曜)、10:30~18:00(日曜)
夏期は5月下旬~6月初旬にサイト上などで発表予定(夜の営業も開始予定)
休:月曜


35歳以下の若者たちが引っ張るカラブリア州のSDGs
新プロジェクトのスタッフ打ち合わせ
新卒就職率がイタリア国内最悪レベルのカラブリア州で、それでも地元に残って働きたい若者たちと企業を繋ぎ、数々のプロジェクトを成功させているのがペンサンドメリディアーノだ。
2013年の設立以降、SDGsの17のゴールのうち7つを目標に掲げ、包括的なアプローチで各種スタートアップ、パートナーシップ提携、矯正就労支援、職業訓練施設開所や開業手助けを実施してきた。
矯正就労支援プロジェクトで作られた店舗とスタッフの現地調査。
例えば、ドメスティックバイオレンスの被害者となった女性たち向けプロジェクトとして縫製技術訓練施設を開所。開所にあたり、内装用にリサイクル資材を使った家具を独自デザインして製品化。訓練を終了した女性たちは縫製技術者として経済的に自立した。
活動箇所と内容を立体的に紹介する3Dマッピング。
企業説明会受付の様子。
このような活動を通じ、地元の人的・物質的資源を活用し、ストーリーテーラーとして地域振興を牽引。
パートナーシップ提携に向けた企業説明会へは多く人が足を運ぶ。
サスティナブルな社会の在り方を多方面から精力的に模索しつつ、それぞれが個々の能力を発揮できる場所、出自に関係なく自己実現する場所を作っている。

Pensandomeridiano

住:via Trento 2 – 89125(RC)
Tel:366 3676187 
HP:https://www.pensandomeridiano.com/

【完売】フィレンツェ2022年 昔ながらの言い伝えカレンダー

フィレンツェ2022年 昔ながらの言い伝えカレンダー!


フィレンツェで見つけた2022年のカレンダー。
日付の他にフィレンツェにまつわる昔ながらの話が載っています。
フィレンツェに伝わるレシピや豆知識、人気の格言、人々の知恵、諺、フィレンツェに馴染みのある著名人の話など。各月それぞれのテーマで紹介されていて、とても興味深いです。
デザインもちょっとレトロな感じなので、難しいことを考えなくても部屋に飾っておくだけでも雰囲気が楽しめます。

◆カレンダー詳細◆
表紙
日付一覧(表)
読み物(裏)

◆商品概要◆
内容 2022年カレンダー
サイズ・重さ 縦46cm×横32cm・165g
素材・タイプ 紙・リング式壁掛けタイプ
枚数 13枚(表紙含む)※表紙以外全て両面記載
生産国 イタリア

◆お届け方法・送料について◆
送料はお届け先により異なります。
宅急便800円(近畿 900円/中国・四国 1000円/北海道・九州 1,200円/沖縄本島・離島は1,285円)
※800円以外の地域からお申込みいただいた方は送料が変更となります。ご購入後、自動返信メールとは別に変更額を改めてご連絡させていただきます。
※銀行振込希望の方は、「お振込みのご案内メール」をご注文後、改めてお送りいたします。

【数量限定】フィレンツェ2022年 昔ながらの言い伝えカレンダー
フィレンツェに伝わるレシピや豆知識、人気の格言、人々の知恵、諺、フィレンツェに馴染みのある著名人のことなど。各月にそれぞれのテーマで紹介されています。
※お一人様1部のみとさせていただきます。
価格:1,800円(税込・送料別)

在庫なし

マンマの料理フェスタ2016@伊勢丹新宿店終わり

伊勢丹イタリアフェアで開催した「マンマの料理フェスタ2016@伊勢丹新宿店」が終了しました。

ご来店いただきました多くの”イタリア好き”の皆さまありがとうございます。
皆さまと一緒に楽しい時間を共有することができました。
img_7622

このイベントの出展が決まる前に伊勢丹では「わざわざ人のお母さんの料理を食べたいと思うの?」という意見もあったようです。
星付きリストランテのシェフでも、有名シェフでもないし、分からない人にはしょうがないことです。
特に無理に伊勢丹でやることを望んではいなかったですが、それでも「ぜひやりましょう!」と言っていただいたので、
やるならそれなりの見え方はしたいと希望しました。
その結果、担当の方の理解と尽力によって、ある程度のスペースと、BARもあるPIAZZAのイメージを確保することができました。

あとはどのような料理を提供して皆さんに楽しんでいただきながら、よりイタリアを感じてもらえるか、
そして少しの気づきを与えられるのかなと考えました。
ウンブリアから送られてきたメニューは、豆料理やチコリアのソテーなど地味なウンブリアらしい料理でした。
それを見て「インカント」の小池シェフとふたりでこういう料理を出してわかってもらえると嬉しいよね〜と話していました。
シチリアはトマトやナス、イワシを使った料理で、見た目にもわかりやすいし、ある程度は馴染みがあるので比較的安心していました。
そしてレシピに基づいてウンブリアは「インカント」の小池シェフ、シチリアは「ピノサリーチェ」柳シェフ、ドルチェは赤松さんが試作を始めました。
当然自分たちのレシピとは違うことへの疑問や驚きがありましたが、
マンマのレシピにできる限り忠実に(どうしても入手できない食材などは代用を考え)再現してマンマの来日を待ちました。

来日後は確認、修正もしつつそれぞれの料理となりフェアを迎えました。
開催当初は少し不安もありました。日を追う毎にお客様の入りも良くなり、反応もダイレクトに良いと感じました。
シチリア料理の反応は予想通り良く、心配していた地味なウンブリア料理もその滋味深い味に「おいしかったです」と言って帰られるお客様、
リピートされるお客様も多くいて、本当に嬉しかったです。
そしてそれは料理は商品ではないということを理解してくれているのではないかとも思ったのです。
イタリア郷土料理には、歴史や生活、知恵などさまざまなものが重なり、大切にされマンマたちは受け継いできました。
それを楽しく、おいしく感じてもらえたら嬉しいからです。

お店の営業もありながら、毎日伊勢丹にも来て料理をしてくれている、インカントとピノサリーチェの面々には心から感謝します。そしてもちろんマンマたちにも。
BARでは阿部さんが淹れるおいしいカフェだが飲めるし、さあ、皆さん伊勢丹6階「ピアッツァ イタリア好き」へお越し下さい。
お待ちしてます!
今日も元気に、前向きに!