第11弾 マッシモツアー報告(その1) バルバレスコマラソンとエミリア・ロマーニャ伝統の美食の旅

『イタリア好き』編集長マッシモと行く!マッシモツアーに行ってきました。
10月25日(金)〜 11月3日(日)10日間
今回で3回目となるバルバレスコマラソンを組み込んだツアー。今年はマラソンの後にエミリア・ロマーニャを巡りました。
聖地(?)ブリジゲッラへ

2日目 10月26日(土)
前夜遅くにアルバに到着後、銘々に過ごして2日目の朝を迎え、
午前中はバローロまで。
天候に恵まれてとても気持ちのいい景色が広がります。

バローロの旧市街からの眺め。


ワインの試飲も楽しいのです。


そしてお決まり、バローロの肉屋「Machelleria Salumeria Sandorone」へ。
マンマ、マリアグラッツァのタヤリンと自家製のサラミはやっぱり食べなくちゃね。


ありがとう!マリアグラッツァ

午後はアルバに戻ってトリュフ市へ。
今年は当たり年だったようです。会場はもとより、町中がトリュフ香に包めれていました。

賑わう会場。なんか皆うれしそう。


自慢のトリュフ。大小さまざま。黒トリュフの扱いが……


 

アルバの町はお祭りムード。




3日目 10月27日(日)
マラソン当日。
天気も最高! 気持ちよく走れそうですが……

出発前の記念撮影。今年はやっぱりこのユニフォームでしょ。


こんな丘を走ります。アップダウンが激しいです。


こんなところも走ります。


こんなお嬢さんがワインをサービスしてくれます。


恒例のレセプションは、テーブルに着くまでに随分待たされましたが、やっぱり大いに盛り上がりました。


やっぱり前菜は生肉〜うまい!


同じテーブルのクーネオから来た家族。親娘で表彰されてました。

フルマラソンの3位。


個人的には「今年は完走できればいいかな」のレベルだったのですが、
やっぱりトレーニングしてしっかり走って、気持ちよくワインを飲むほうが数倍楽しいことがわかりました。
来年どうしよ〜

第12弾 編集長マッシモと行く 輝くカラブリア、地元密着の旅9日間
主に本誌Vol.34で紹介した生産者を訪ね、マンマの料理、農家の朝食、小麦収穫など、このツアーでしか体験できない内容で一緒にカラブリアの旅へ。
参加人数は10名様限定です。
▼ツアー詳細はこちらから↓↓▼
http://italiazuki.com/?p=36451
▼過去のマッシモツアーレポートはこちらから↓↓▼
マッシモツアーレポート