ピエモンテ州(岩崎 幹子)

ジンにオオカミ、白トリュフ

  5月下旬、土曜日、午前6時半には車に乗っていた、、、と、言うより、乗せられてたというべきか。
目指したのはランゲ。旨い『ジン』をつくる生産者がいるからと。しかもオオカミからインスピレーションを得て、さらには白トリュフで風味づけをした『ジン』。
こんな書き出しだと既に皆さんにも、不思議に思うことがあれこれあるでしょう?
ピエモンテ州ランゲ地方と言えばバローロとかバルバレスコなどなど、とにかくワインのはずが、なぜゆえ『ジン』⁉
しかもなぜオオカミがそこに登場する?
白トリュフを使うなんてやり過ぎでは?

イタリアを20年ぐるぐる巡っていれば、しかも好奇心の人一倍旺盛な相棒をもてば、枠に当てはまらない生産者を訪ねることになるのは日常茶飯事。その日の『イタリア好き』な日帰りの旅ランゲ編もさっさと始まっていたのです。

ランゲ産旨いジンの不思議解明!
では、先に述べられた不思議に一つずつ迫ってみましょう。

ここは、バローロ村から東に15キロ、モンテルーポ・アルベーゼ(Montelupo Albese)。ここに住む若い夫婦ヴァレンティ―ナ・バローネ(Valentina Barone)とジョヴァンニ・アレッサンドリア(Giovanni Alessandria)は、はじけるような笑顔で私たちを待っていてくれました。

彼らの自宅は丘の上、やや切り立った斜面の上にあって、オリーブやオレンジの盆栽が並べられたテラスに立てば、リグーリア海から吹き上げてくる風と強い日差しが体の真正面から絡んできて、周囲の豊かな緑とあちこちに植えられたハーブが目に入り、彼らの声に耳を傾けたくなります。
「私達は仕事でロンドンに1年ほど暮らしたことがあるの。その時に二人とも『ジン』の虜になってね。」と、ヴァレンティ―ナ。

「でもほら、若者向けの小洒落たラウンジなんかだと量ばかりどんどん飲まされて、翌朝は頭痛で目が覚める。あれはちょっと頂けないなぁって。それで私たちなりのジンをつくれたら、って思ったわけ。」

なぜオオカミ?

「ああ、オオカミ?だって、この村はモンテルーポ(Lupoは狼の意)って名前だろう。」と、ジョバンニ。

ここで皆さん、イタリアに限らず西洋諸国を旅してお気づきになったことはありませんか、いかにオオカミ好きの人が多いかに。イタリアでは絶滅の危機に瀕していたイタリア・オオカミの保護活動『Operazione San Francesco』は既に1970年に立ち上がっているし、フランス人ピアニストのエレーヌ・グリモーがアメリカ・ニューヨーク州で『ニューヨーク・ウルフ・センター』を設立し、やはり保護活動にあたっています。

オオカミの話になると目を輝かせ、その生態や林野で遭遇した時の体験を幸せそうに語るイタリア人は私の相棒に限らず、大勢います。

日本ではこんな『オオカミ好き』や野生動物好きにあったことはあまりなかった。
私も子供の頃は椋鳩十やシートン動物記を読み漁っていたけど、なんだか情熱の種類が違う気がするのです。

さて、話をヴァレンティ―ナとジョバンニに戻すと、モンテルーポ村(オオカミ山の意)に暮らす二人は、50年前にアブルッツォで始まった保護活動からイメージを膨らませていきました。長年の取り組みが功を奏し、オオカミたちの生息数は年々増加し、イタリア半島全体に生息範囲を広め、次第に北上しながらリグーリアに到達、ここ数年でピエモンテにもその生息範囲を広げている事実に着目します。

『ジン』は、ジュニパーベリー(セイヨウネズの球果)の他『ボタニカル』と呼ばれる様々な草根皮木が加えられてゆっくり蒸溜にかけて作られます。イタリア人らしい個性を発揮できるのもこのボタニカルのセレクションのあたり。ヴァレンティ―ナとジョバンニは、アブルッツォを離れ、果てしない旅路の末にモンテルーポ村に辿り着いたオオカミを思い描いてボタニカルを選びました。太陽の位置、月の満ち欠け、様々な条件から自分の位置を知り、他の動物たちの匂いと一緒にあっちこっちの草木の香りを嗅いだに違いない。その香りを追う『ジン』を作ろうと。

そうして生まれたのが一本目のジン。その名もシンプルに『Dry Gin』。ボタニカルとして用いたのは7種類、アペニン産ジュニパー、タイム、ローリエ、野生のローズマリー、サンブーコ、リグーリア産ペルナンブッコ種のオレンジそしてピエモンテ産ヘーゼルナッツ。完成した『ジン』は自然な優しさが備わった、ほっとする味わい。

「ほっとした?長旅の末にオオカミはここを終着点に選んだから。Montelupoこそがオオカミの落ち着ける場所。僕たちのジンのブランド名も『Wolfrest』。」

このジンをストレートで口に含みながら、ジョヴァンニの言葉に頷く。そして、今度はジントニックで。とても洗練されたフレッシュな味わいでした。

ボタニカルには白トリュフ

「白トリュフを使って何かをしたいというのは、ジンを作ることを思いつくもっと前から考えてた。」ジョバンニが切り出した言葉が印象的。

ジョバンニの一家はおじいちゃんも、お父さんも白トリュフ採り。
「僕もトリフラウ(Trifulau:トリュフ採り)だよ。このモンテルーポのあたりでも良質のトリュフが採れる。この地域に結びついた良いものを使ってヴァレンティーナと二人で何か作りたいと考えた時、やっぱり真っ先に白トリュフだと思ったんだ。」

ヴァレンティ―ナとジョヴァンニがおつき合いを始めたのは、高校時代。それから20年、二人はずっと一緒。だから二人が一緒に出来る仕事を生み出したかった。『白トリュフの旨いジンを作る』、そんな奇想天外な思いも、夫婦の阿吽の呼吸があって実現できたのかもしれません。

 私たちの間で続いていたお喋りは、3種類のボタニカル、アペニン産ジュニパー、ヘイゼルナッツと白トリュフだけから生まれた『ジン』、その名も『Alba』を口に含んだときの驚きにピタリと止みます。

まず、鼻腔をくすぐるのが白トリュフが生んだ野生の香り。

次にパンチの利いたジンならではの風味に襲われたかな、と思ったその瞬間、あの白トリュフ独特のほとんどエロチックなほどの風味が訴えかけてくるのです。

このジンの野性味を嗅ぎ分けられた人は、西洋人が野生に同化したいと願うほどの憧れと、日本人の野生を神と崇めるほどの憧憬の念、そのアプローチの違いをこのジン一滴の中に理解できるはず。

(こんな凄いものをこんな若い二人が作ってしまったのか。)改めて二人を見つめてしまいました。私の相棒も断言します。
「これは白トリュフはジンになるために生まれたと信じさせちまうほどの代物だ!陣に白トリュフなんてやり過ぎと思ってここに来たが、そんな偏見を一掃する逸品だよ。」

驚いたことに、500ml入りボトル1000本を生産するためには、なんと7キロもの白トリュフが必要だそう。因みに白トリュフは100グラムあれば6人で2,3種類の料理を堪能できる量です。だから7キロあったら一体何人を幸せにできる⁉ お値段にしたら一体いくらになるか、恐ろしくて考えなくない。
それでも二人は決してエッセンスオイルを使用したくなかった。

人工的な白トリュフの香りをつけるのは、自分たちの土地への愛情表現とは違うからといいます。

「だからこのジンは、ボトルごとキンキンに冷やしてからグラスに注ぎ、これだけで楽しんでね。」と。

妙な日帰り旅行と思っていたのに、全てがすっかり胸に収まってウキウキして帰途につけたのは、『若い二人が自分たちの考えをしっかり整理し、時間と労力とかけて試行錯誤を繰り返したから、この驚きの逸品を生んだのだ』と、このジンの味わいに納得させられたからじゃないかと思います。

WOLFREST GIN
Via Ballerina 19
12050 Montelupo Albese (CN)
tel. 320 4161520
info@wolfrestgin.com
www.wolfrestgin.com

届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!

岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • 雄大な自然の中で育まれてきたアブルッツォ独自の文化や四季のくらしをご紹介します。
    保坂 優子(Yuko Hosaka) 地域ブランディングを主とした都市計画コンサルタント。2002年、イタリアの暮らしにどっぷり浸りたいとアブルッツォ州に1年間留学。以降、大阪とアブルッツォを行き来する生活を続けている。2009年のラクイラ地震を機にアブルッツォ州紹介サイト「Abruzzo piu’」 を立ち上げる。2016年4月からはフリーペーパー「アブルッツォ通信」の共同発行者として、トークショーへの登壇や独自イベントの企画・開催、PRツールの作成、コラムの寄稿などプロモーションにも携わっている。
  • 食の宝庫より、悠久の昔から今へ続く食と文化をバルサミコ酢にかける情熱と共にお届けします!
    堂内 あかね(Akane Douchi) 日本で企業の管理栄養士として5年間勤務後、2005年渡伊。2007年、モデナ屈指の旧家に嫁ぎ、一族に継承されていたバルサミコ酢の樽の管理を夫と共に引き継ぐ。2009年よりスピランベルト市にある「伝統的なバルサミコ酢 愛好者協会」(Consorteria dell’aceto balsamico tradizionale di Modena)に所属し、バルサミコ酢マエストロ試飲鑑定士資格を目指し、研鑽を重ねている。バルサミコ酢の醸造の傍ら、イタリア人向け日本家庭料理教室の講座を北イタリア各所に持つ。また、自宅にて醸造室の試飲見学会、バルサミコ酢を使った食事会、料理教室を主宰。バルサミコ酢醸造のエピソード、見学会などは Facebook Akane in balsamiclandにて紹介中。
  • 老舗4ツ星ホテル日本人妻がお届けするアマルフィ海岸の魅力
    竹澤 由美(Yumi Takezawa) アマルフィ海岸でのウェディングと観光コーディネート会社Yumi Takezawa & C S.A.S.代表。B&B A casa dei nonni オーナー。 2013年よりアマルフィ市の日本との文化交流コーディネーター。 ロンドンで知り合ったアマルフィ海岸ラヴェッロにのホテルルフォロ四代目との結婚を機に2004年渡伊。 二児の母親業を通じ、濃い南イタリアマンマ文化の興味深さを肌で感じている。 Instagramブログ
  • トスカーナ州シエナ在のソムリエです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年~2018年までシエナ中心街にてイタリア人と共同でワインショップを経営。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出入のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』
  • 山と海に囲まれたリグーリア州の今一番旬な情報をお届けします!
    大西 奈々(Nana Onishi) 2011年よりジェノヴァ在住。音楽院を卒業後、演奏活動の傍らフリーライター、旅行コーディネート、通訳などを務める。演奏会などでリグーリア州各地を周り、それぞれの街の文化や風景に魅了される。ジェノヴァ近郊の街を散策したり、骨董市巡りが休日の楽しみ。 山と海に囲まれたリグーリア州の四季折々の情報をご紹介いたします。
  • 心はいつも旅人!
    赤沼 恵(Megumi Akanuma) コロンブスを始め沢山の旅人を生み出した街、ジェノヴァ。そのジェノヴァを中心としたリグーリア州で起こるホットなニュースをお届けします。音楽家、翻訳家、日本語教師、2018年3月ジェノヴァ市長より「世界のジェノヴァ大使」任命、アソシエーション「DEAI」代表。
  • ミラノの食と暮らしの旬をお届けいたします!
    小林 もりみ(Morimi Kobayashi) 手間と時間を惜しまず丁寧につくる品々、Craft Foodsを輸入する「カーサ・モリミ」代表、生産者を訪ねながら、イタリアの自然の恵みを日本へ届けている。2008年 イタリア・オリーブオイル・テイスター協会『O.N.A.O.O』(Organizzazione Nazionale Assaggiatori Olio di Oliva)イタリア・インペリアの本校にてオリーブオイル・テイスターの資格取得。2009年スローフード運営の食科学大学( Universita degli Studi di Scienze Gastronomiche)にて『イタリアン・ガストロノミー&ツーリズム』修士課程修了。
    2014年よりピエモンテ州ポレンツォ食科学大学・修士課程非常勤講師(Master in Gastronomy in the World 日本の食文化:日本酒・茶道)。福島の子どもたちのイタリア保養「NPOオルト・デイ・ソーニ」代表。
    Instagram https://www.instagram.com/morimicucinetta/
    Instagram Casa Morimi https://www.instagram.com/casamorimi/
    カーサ・モリミ株式会社  http://www.casamorimi.co.jp/
    NPOオルト・デイ・ソーニ http://www.ortodeisogni.org
  • イタリアのチーズとワインのエキスパート、そしてイタリアの山のことならお任せ。
    池田 美幸(Miyuki Ikeda)1986年よりイタリア在住。ミラノに住んでいるが、週末になるとイタリアで一番大きいステルヴィオ国立公園内にある山小屋へ逃避。日本で農学部を卒業。イタリアで手にしたチーズティスター・マエストロ、公認ワインティスターの資格を活かし、通訳、コーディネーターとして活躍中。
  • ヴェネトの美味しいとっておき情報をお届けします。
    ヴェネトおよびフリウリを中心に、通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。各種生産者との繋がりをとても大切に、ヴェネト州の驚くほど豊かな食文化を知ってもらうべく、ブログ『パドヴァのとっておき』では料理や季節のおいしい情報を中心に発信するなど活動中。