ピエモンテ州(岩崎 幹子)

バローロの巨匠が日本の若者に語ったこと

今月は本来なら別のテーマについて語ろうと思っていました。
が、イタリア語でUPした記事を読んでくださった友人から「これは日本語でもUPするべき」と背中を押してもらい、これを掲載することにします。
イタリア好きのピエモンテ特集の際、取り上げて頂いたバローロのワイナリー『カッペッラーノ』での忘れがたい出来事です。
———————————————


テオバルド・カッペッラーノが日本の若者に語ったこと

自分の信念やイデオロギーをはっきり口にできたら素晴らしい。さらに、それをどんな時も体現することが出来たらもっと素晴らしい。現代の物質的豊かさや社会現象の複雑さがいとも簡単に人の勇気を挫いたり、言葉の重み忘れさせたりできるから。

『、、、私は、それが肯定的であっても否定的であっても自由に発せられる情報を信じます。私のこの丘陵は、アナーキーに広がるなだらかな土地で、異端裁判官や反対派閥もなく、厳しく注意深い批評に刺激を受ければ内面的に豊かさを増すところだと思います。今日でもなお、母なる自然から褒美の与えられたことない人に、農民としての連帯を示すことの出来る集団のために私は奮闘します。
幻想でしょうか?だったら幻想を見させておいてくれませんか?   テオバルド』


しなだれた枝を揺らす柳の木の下で眠るような小さなカンティーナで、故テオバルド・カッペッラーノは10年前、料理人を目指す日本の若者たちと数時間を共に過ごし、ワインの裏ラベルに刻んだこの彼の言葉の意味を彼らの前で文字通り体現してくれた。

底冷えのする冬の日の午後、不安を押し殺すように5分待ってからもう一度インターホンを押した。やっぱり何も起こらない。20名を超える若者が私の背後でコートの襟元をぎゅっと掴んで足を踏み鳴らし寒さをこらえている。引率の講師が仏頂面でバスに乗って引き換えそうと言いだした。頭の中が真っ白になった。実は別の不安もあった。バローロの造り手として大きな尊敬を集めるテオバルドに懇願して多人数の訪問の了解を取りつけたはいいが、バスの中でこの料理人の卵たちからワインの講義は始まったばかりでバローロのこともほとんど知らないと告白された。目の前の硬く閉ざされた門を開いてもらったところで、接点のない訪問になりかねなかった。諦めてバスを呼ぼうと携帯をポケットからとり出した時、門がゆっくり開きだした。
その日、カンティーナの薄灯りの下にテオバルドは松葉杖にしがみついて現れた。彼の歩みごとにを食いしばる姿を見れば、病名など訊かなくてもその苦痛の大きさが門の前で待たされた理由だったことは誰の目にも明らかだった。それでも、前日の電話でも彼は自分の健康問題には一言も触れず、こうして私に約束したとおり子供たちを迎えてくれている。バスの中で心配になるくらいふざけていた子らの私語がピタリと止んでいた。彼を学生に紹介する私の声が震えた。
「ごらんのとおり、私は今日は体の調子があまり良くありません。皆さんを立たせたままで失礼と承知していますが、私は座って話をさせてもらいます。さあ、もっと近くに寄って構いませんよ。」
彼がゆっくりと椅子に腰を下ろし、若者たちは澄んだ瞳を彼に向けたまま静かにテオバルドと私の周りに小さな円を作った。
「君たちはワインを勉強しているの?」子供の一人が勉強をし始めたばかりだと答える。「バローロワインのことは?」今度は皆が首を横に振った。
テオバルドはゆっくり言った。「ではね、このカンティーナを見渡して疑問に思ったことを私に聞いてみなさい。どんな小さなことでも遠慮しないで質問してごらん。」
「ここにある木樽は何年ぐらい使えるものですか?」「そこにある大きな樽を見てごらん、それは何十年も前に作られたものだ。この近くのワイン生産者がこれは古くなったから棄てるというのでね、お前は馬鹿者だといって、私が引き取った。修理をして今も立派に使っている。」


人前で話すことの苦手な日本人から控えめにでも次々にシンプルな質問が続く。
「樽はなぜ大きなものや小さなものがありますか?」
「樽にはなぜ丸いものと楕円形のものがありますか?」
「美味しいワインとそうでないワインの違いは何ですか?」
「はは、コレは難しい質問だ。私はね、自分の暮らすこの地域が大好きで自分の作るワインでもこの土地の特徴や自然をしっかりと表現したいと心掛けています。例えばこの地域は中世の時代からブドウ栽培が盛んで、バルバロッサがこの地域に攻めてきたとき、霧に包まれた丘に見えるブドウ畑の支柱の先を槍の鉾先と見間違い、その数の兵にはには叶わないと退散したという逸話さえある。バローロというワインだがね。その霧が出る時期に熟すことに因んでネッビオーロと名づけられた品種だけを用いてつくる。モノヴィティーニョといって他の品種とは混ぜないから気象条件やその他の影響をまともに受け、上手く作るのには手がかかる。けれどその分、この土地のテロワールを率直に表現する力を持っている。私も私の家族もワインを飲んで美味しいと思った。だからこれを売ろうと考えた。それを買って飲んだ人も同じように美味しいと思ってくれたらと願っています。」
この日、テオバルドが子供たちのために費やしたのは3時間。遠い異国の若者たちを偏見の目で見ることもなく、彼らの純心無垢な質問に誠心誠意耳を傾け、自分の言葉で丁寧に答えることで、イタリアのワインの専門家や愛好家から集めるのと同じ大きな尊敬の念をテオバルドは日本の若者たちの心の中に生みつけた。

白猫マルタを肩に学生と笑顔で写真に収まるテオバルド。思い出にと購入したバローロのボトルを宝のように抱いて放さない子供たちを見ながら、彼の中に僅かでも生気が戻っているように思えた。
「ちょっとね、新聞を買ってくる。」そういってカンティーナを離れるテオバルドの足取りもずっと軽くなっていた。

彼のいないランゲでのブドウの収穫は、今年で10回目を迎える。中には大切な畑の一部が大雨で流された年もあった。心配する私たちを息子のアウグストは『自然とはこういうものだよ。嘆くべきことじゃない。』と逆に慰めた。
夫クラウディオが大切に口にする『ピエモンテズィタ』つまり、ピエモンテーゼの高き精神。ここで暮らし始めたときは頭の中で想像してみるしかなかったが、今、この言葉を思うときその高いところにはいつもテオバルドの笑みがある。

http://www.cappellano1870.it/it/

お問い合わせは
m.iwasaki@alice.it



 

 

届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!

岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • 雄大な自然の中で育まれてきたアブルッツォ独自の文化や四季のくらしをご紹介します。
    保坂 優子(Yuko Hosaka) 地域ブランディングを主とした都市計画コンサルタント。2002年、イタリアの暮らしにどっぷり浸りたいとアブルッツォ州に1年間留学。以降、大阪とアブルッツォを行き来する生活を続けている。2009年のラクイラ地震を機にアブルッツォ州紹介サイト「Abruzzo piu’」 を立ち上げる。2016年4月からはフリーペーパー「アブルッツォ通信」の共同発行者として、トークショーへの登壇や独自イベントの企画・開催、PRツールの作成、コラムの寄稿などプロモーションにも携わっている。
  • 食の宝庫より、悠久の昔から今へ続く食と文化をバルサミコ酢にかける情熱と共にお届けします!
    堂内 あかね(Akane Douchi) 日本で企業の管理栄養士として5年間勤務後、2005年渡伊。2007年、モデナ屈指の旧家に嫁ぎ、一族に継承されていたバルサミコ酢の樽の管理を夫と共に引き継ぐ。2009年よりスピランベルト市にある「伝統的なバルサミコ酢 愛好者協会」(Consorteria dell’aceto balsamico tradizionale di Modena)に所属し、バルサミコ酢マエストロ試飲鑑定士資格を目指し、研鑽を重ねている。バルサミコ酢の醸造の傍ら、イタリア人向け日本家庭料理教室の講座を北イタリア各所に持つ。また、自宅にて醸造室の試飲見学会、バルサミコ酢を使った食事会、料理教室を主宰。バルサミコ酢醸造のエピソード、見学会などは Facebook Akane in balsamiclandにて紹介中。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』
  • ヴェネトの美味しいとっておき情報をお届けします。
    ヴェネトおよびフリウリを中心に、通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。各種生産者との繋がりをとても大切に、ヴェネト州の驚くほど豊かな食文化を知ってもらうべく、ブログ『パドヴァのとっておき』では料理や季節のおいしい情報を中心に発信するなど活動中。