トスカーナ州(鈴木暢彦)

2月はトスカーナのワイン試飲会が目白押し!

皆さん、こんにちは!

シエナの鈴木です。さて、今回はイタリアならではの地元のワイン事情を皆さんにお届けしたいと思います。

ワインの国イタリア、それも世界に名の知れたトスカーナ州。

この時期は夏に賑わうアグリトゥーリズモ、ワイナリー観光も鳴りを潜め、1年周期のワインの仕込みもようやくひと段落するので、1年の中でも最も落ち着いた時期となります。


とは言え、仕事がないわけではありません。畑では前年度のブドウの果実を実らせた枝を切り落とす、土壌の手入れなど新しいシーズンを迎えるための準備が必要です。

また、この時期には地元ワイナリーの人々にとって非常に重要なワインイベントがあります。

それは、この2月に行われる『アンテプリマ』と呼ばれる1年で最も大きなワインの試飲イベントです。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのアンテプリマ『ベンヴェヌート・ブルネッロ』


トスカーナ中のキァンティが集まるキァンティのアンテプリマ『キァンティ・ラヴァーズ』


シエナ・フィレンツェ間のキァンティ発祥エリアのワイン、キァンティ・クラッシコのアンテプリマ『キァンティ・クラッシコ コレクション』


このイベントは、ワイナリーが自分たちのワインを知ってもらうための重要な機会で、毎年2月の中旬にそれぞれのワインの生産地区にて、主にジャーナリストや飲食従事者らを対象に行われます。(※一般の方が参加可能なアンテプリマもあります。)

ちなみに『アンテプリマ』というのは、映画の世界で言えば試写会のようなもので、オフィシャルには発表がまだ少し先になるものを先行して披露します、ということです。

つまり、ワイナリーのセラーでの仕込み、熟成・貯蔵を終え、その年に出荷する予定の新しいヴィンテージのワインを試飲することができるイベントなのです。

イタリアでは、いわゆる『銘柄』といわれ、原産地の呼称を伴うようなワインというのは、その銘柄ごとに国で定められた厳しい法律を遵守して作られています。

『新しいヴィンテージのワイン』というのは、すなわち、その法律で定められている『生産エリア』や『ブドウ品種』は素(もと)より、義務付けられている『最低貯蔵期間』を満たし、ようやく出荷が認められるワインのことです。

※ヴィンテージ=収穫年 例ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのワインは今年2018年に2013年<収穫年>がリリースされます。

フランスのボジョレーの新酒(ヌヴォー)ワイン風に言えば、ようやくその年に『解禁』されるワインということになりますが、ボジョレーヌヴォーの場合は、収穫から約2ヶ月後の11月中旬には出荷ができるフレッシュなワイン。イタリアに限らず一般的な銘柄ワインというのはそれぞれ数ヶ月~数年に及ぶ規定の貯蔵期間があるわけです。

それは、醗酵飲料であり、味わいや香りの成分など、多くの要素から構成されるワインにとって、クオリティーを安定させる上で非常に大切な期間となります。

また、ワイナリーによっては、法律による最低貯蔵期間の規定を満たした上で、さらに長い期間貯蔵をしてから出荷するケースもよくあります。

それでは、地元の代表的な銘柄をご紹介しつつ、今回の2018年度アンテプリマで披露されるヴィンテージを見てみましょう。

 

・キァンティ(Chianti DOCG) 赤ワイン

2018年主な出荷ヴィンテージ 2017年

規定・・収穫年の翌年3月以降に出荷可能

アンテプリマ 2月11日

 

・キァンティ・クラッシコ(Chianti Classico DOCG) 赤ワイン

2018年主な出荷ヴィンテージ 2016年、2015年

規定・・収穫年の翌年10月以降に出荷可能

リゼルヴァタイプ 2015年、2014年

規定・・収穫年の翌年1月から最低24ケ月

グランセレツィオーネタイプ 2014年、2013年

規定・・収穫年の翌年1月から最低30ケ月

アンテプリマ キァンティ・クラッシコ コレクション 2月12日

 

・ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ(Vernaccia di San Gimignano DOCG) 白ワイン

2018年主な出荷ヴィンテージ 2017年

規定・・収穫年の翌年3月以降に出荷可能

リゼルヴァタイプ 2016年

規定・・収穫年の翌年12月以降に出荷可能

アンテプリマ 2月11日および14日

 

・ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ(Vino Nobile di Montepulciano DOCG) 赤ワイン

2018年主な出荷ヴィンテージ 2015年

規定・・収穫年の翌年1月から最低24ケ月

リゼルヴァタイプ 2014年

規定・・収穫年の翌年1月から最低36ケ月

アンテプリマ 2月13日~15日

 

・ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino DOCG)赤ワイン

2018年主な出荷ヴィンテージ 2013年

規定・・収穫年から5年目の1月

リゼルヴァタイプ 2012年

規定・・収穫年から6年目の1月

アンテプリマ ベンヴェヌート・ブルネッロ 2月17日~20日

 

以上の重要銘柄のワインは各生産地でアンテプリマが行われます。

トスカーナ州のその他のDOCG・DOCワインなどの生産ワインは合同でフィレンツェのイベント会場にてアンテプリマが行われます。

トスカーナ州の10以上の各DOCワイン組合が集まるアンテプリマ


先日2月11日に、フィレンツェのフォルテッツァ(要塞)で行われたアンテプリマのオープニングには、このトスカーナ州にワイナリー『イル・パラージョ』を所有するミュージシャンのスティングさんと女優のトゥルーディ・スタイラーさんご夫妻が特別ゲストに招かれました。

今年のアンテプリマは、スティングさんとの乾杯とミニライブで開幕!

これには世界中から集まるワインジャーナリストの皆さんも興奮を抑えきれません。


その後、ご夫妻はトスカーナの銘柄ワインの各ブースを周られて、ワインテイスティングを楽しまれました。


ヴァルダルノ・ディ・ソープラDOCのワインブースでご満悦の様子。
それでは、また次回もお楽しみに!

※自分の写真が使われたアンテプリマの記事→こちら笑

鈴木暢彦

ホームページ 『トッカ・ア・シエナ』https://www.toccaasiena.com

トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!

鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』