バジリカータ州(白旗 寛子)

8つの村の8つの不思議なカーニバル

今となれば、陸の孤島だった歴史が幸いして、バジリカータには「カトリックの祭事と完全に同化した、不思議な原始の祭り」(C.レヴィ 1974)が数多あります。

『キリストはエボリに止りぬ』で1935年のアリアーノ村(マテーラ県)の農民を描いたレヴィが、愛情を込めてそう表現したのは、1974年、友人に連れられてトリカリコ村(マテーラ県)のカーニバルに出かけた折でした。

トリカリコ村のカーニバルの仮面。白衣の雌牛と黒衣の 雄牛の踊り。イタリア人の目にも不思議に映った。 Foto by Rocco Stasi at Italian Wikipedia/写真はWikipediaより。


近年、トリカリコを含めた8村に伝わる8つのカーニバルの仮面の民俗学的価値が、クローズアップされています。

先月の末、マテーラのテレビ局の特集番組で、8つの仮面が一堂に会すると聞きつけ、いそいそと出かけてきました。

 

8つの村とは? 人口順にご紹介

 

ラヴェッロ(13,525人)
モンテスカリオーソ(9,940人)
トリカリコ(5,292人)
サトリアーノ・ディ・ルカーニア(2,345人)
サン・マウロ・フォルテ(1,505人)
アリアーノ(975 人)
テアーナ(592人)
チリリアーノ(369 人)

(Istat 2017調査)

試みに村の人口を添えてみましたが、最も小さな村に至っては369人という人々の集団が、それぞれ伝統の仮面を、脈々と受け継いできたことに驚きます。

 

カーニバルの仮面はアイデンティティーの発露だ

マテーラでカーニバルと言えば、トリカリコ、サトリアーノ、サン・マウロの名が知られていますが、不肖、在住14年目で初めて見知った仮面もありました。

8つの中からぐっときた仮面を、わたくしセレクションでご紹介します。

サトリアーノ村の ルミータ

ツタの枝葉で体を覆っただけの仮面 “ ルミータ ” は、貧しさを象徴してあまりありながら、131人のルミータが森となって、動き出す光景には美しいものがあります。

Foto by Celestino SANNA. 土地の方言でルミータ (森でひっそりと暮らす隠遁の修道士) と呼ぶ仮面。手には、先端にナギイカダ(クリスマスや新年に飾る。ヒイラギに似た常緑樹)の枝をくくり付けた杖を持つ。


ワイン片手にとはいかないルミータに、プロセッコを振る舞う“妖精”。誰か分からないよう骨組みをたっぷりのツタで覆ったルミータの仮面は、想像以上に重い。いずれも2014年のカーニバルにて。

アリアーノ村の コルヌート

コルヌート(「角を生やした」の意)は、農村文化においては、邪気を追い払うとされました。

鼻が垂れ下がり、大きな角を2本生やしたコルヌートのお面。白衣のアリアーノのコルヌートは、おそらくヤギをかたどっている。レヴィによると「飼料をやらなくても、むき出しの岩石で、棘だらけの雑草を食べて育つヤギは、アリアーノの農夫の唯一の財産だった。」


ぱっと目を引くカーニバルらしい仮面も、まずはヤギなのであり、頭頂部の飾りはオンドリの羽、体に巻き付けたベルト類は、もともとは馬の毛や、荷を引くラバに着けた(騾)馬具を利用していました。すべては家畜がいてこその、このいで立ちなのでした。

番組終了後、8つの仮面のパレードが始まり、マテーラ市民が沸いた。中央のコルヌートが手にしているのは、クーパ・クーパという楽器。


サン・マウロ・フォルテ村のカンパナッチ祭

バジリカータのカーニバルシーズンは、1月17日の聖アントニオ・アバーテの日に行われるカンパナッチ祭で、幕が上がります。

黒いマントと白いシャツの男衆が、拍子をつけてカンパナッチョ(牛の首につけるカウベル)を鳴らしながら、村を練り歩きます。

テレビ出演とあってか(?)、サン・マウロ勢は、全身黒に帽子としゃれこんだ若い衆を送り込んできた。足元にあるのがカンパナッチョ。


カンパナッチョの形には、縦長の男型と横広の女型があり、両足の間で鳴らすのが儀礼である。


動物の守護神である聖アントニオ信仰に、牛の放牧が盛んな村ならではの豊作祈願と厄除けが結びついた土着の祭りです。

 

村のような小集団が連綿とつないできた土着のカーニバルはいったいに、エネルギッシュで騒々しくてひたすら楽しいのに、人の純朴さや健気さに、心を揺さぶられる類の美しさがあります。

そのあたりに「不思議」の秘密があるのかもしれません。

 

8村のカーニバル カレンダー2018

カンパナッチ/サン・マウロ・フォルテ San Mauro Forte
1月15日~21日

トリカリコのカーニバル/Tricarico(マテーラ県)
1月17日

ラヴェッロのカーニバル/Lavello(ポテンツァ県)
1月17日~2月の毎週土曜日

モンテのカーニバル/モンテスカリーソ Montescaglioso(マテーラ県)
2月4日、11日、13日

“森が歩き出す”サトリアーノのカーニバル/Satriano di Lucania(ポテンツァ県)
2月8日~11日

“ウルシュ(オルソ=熊の方言)”とテアーナのカーニバル/Teana(ポテンツァ県)
2月10日、11日

アリアーノとカーニバルの“コルヌート”/Aliano(マテーラ県)
2月11日、13日

チリリアーノの伝統のカーニバル/Cirigliano(マテーラ県)
2月11日~13日

 

愉しいカーニバルシーズンを!

ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。

白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』