マルケ州(林 由紀子)

マルケで楽しむトリュフ狩り&バロックの晩餐会🌹

皆さんこんにちは!

クリスマスも無事に終わり、我が家はマンマのレシピでも紹介させていただいたカペレッテイ•イン•ブロードを2日かけて仕込み、25日のランチで美味しくいただきました💓皆さんはどんなお料理を作られましたか?


今年の仕事を振り返り、マルケらしさがあり特に喜んでもらえた内容だったかを考えていたのですが、11月にアレンジさせていただいた、”トリュフ狩り体験と、採れたトリュフでいただく晩餐”というのがとても好評でしたので、その様子をご紹介いたします。🎵

マルケの冬の大切な食材である白トリュフ。私の住む村から3分程の所に、マルケ州のトリュフの聖地•アクアラーニャがあり、10月末から11月にかけてトリュフ祭りが開かれます。


産地だけあって地元の友人知人はトリュフハンターばかり。お仕事でしている人もいれば趣味でする人もいたりと様々。でもトリュフ狩りと一言で言っても、トリュフが育つ環境を見極めることはもちろん、香りを辿ってトリュフを見つけてくれる犬を調教するのが何よりも大変なんだとか。


どの犬でもいいと言う訳ではなく、向き不向きや犬の性格、雄か雌かによっても出来は様々。中にはとても優秀だったので地元の伝説に残るワンチャンもいます。

トリュフは土の中でいつも香っているのではなく、熟した時に最高の香りを放つもの。気温や降雨量に左右されたり、良いタイミングを逃して森の動物たちに食べられてしまったり…探しに行けば見つかる、というものでもないんです。

さて、それではどのようにトリュフな1日を過ごしたか、追ってみましょう🎵。


この日来てくれたのは、プロのハンターさん、アレッサンドロ。朝早く山に入り、穴場を案内してくれました😊!


霧雨のような朝でしたが、どんどんと山へ入って行きました。


結構歩いたころ、原っぱのような開けた所で、ワンチャンたちがそわそわし始め、何かを嗅ぎ付けたような雰囲気が…。


 

それらしき場所を見つけてアレッサンドロがトリュフを掘る道具で丁寧に穴を掘ります。何か出てくるかな?!


おお!小さいけれども白トリュフが見つかりました!


いい香りが手のひらから広がります🎵皆さんからも歓声が💓


2時間ほどかけて、白と黒のトリュフがいくつか見つかりました。

収穫されたトリュフは、採れたてホヤホヤがそのまま餐のメニューに変身します!新鮮さからくる香りが勝負のトリュフを味わうには一番の方法です。

このイベントは、お客様が宿泊されたマルケ北部のウルバーニアという街がウルビーノのモンテフェルトロ家が、狩猟を楽しむための地域として別荘を構えて休暇を楽しんでいたことから、ルネッサンスからバロック時代に作られていたお料理を、トリュフとジビエというテーマで再現し、音楽と共に楽しんで貰おうという粋な企画。


隣接するモンテフェルトロ家の別荘、バルコも風格があって素敵です。

綺麗にセッテイングされたテーブルに、マンマの。レシピでもお馴染みのフランチェスカさんのお料理が並びます。


バロック音楽の調べを楽しみながらホールにはいい香りが漂い…


惜しみ無く各自のお皿にトリュフがスライスされます😋!


トリュフの香りが漂うタルタルや..


ポルチーニとトリュフのポタージュ、


キジ肉の詰め物のトルテッローニなど..美味しい料理を堪能していただきました🎵


貴族の晩餐を再現した夕食会は蝋燭の光に照らされて幕を閉じました💓

このように、テーマのある食を楽しむ良さも、イタリアの歴史の一部を知る良さであり、旅の醍醐味であるのでは、と思います。

来年も、マルケの色々な旅の楽しみ方をご紹介できるように頑張りますね🎵💪。

皆さんもどうぞ良い新年をお迎えください~!

 



 

 

 

マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!

林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』