【Vol.43掲載】モデナの伝統的バルサミコ酢 25年熟成 エキストラ・ヴェッキオ GIUSEPPEⅡ

今回は、『イタリア好き』Vol.36 エミリア・ロマーニャ特集で取材したペドローニ家の、モデナの伝統的バルサミコ酢 25年熟成 エキストラ・ヴェッキオ GIUSEPPEⅡを紹介します!


■ペドローニ家の歴史とバルサミコ作りのこだわりについて
ペドローニ家ファミリーツリー
もともと1700年代からあった修道院のレストランを1862年にペドローニ家が買い受けたのが現在のレストラン「オステリア・ディ・ルッビアーラ」。そこで使うために樽を置いてバルサミコ酢を造り始めたのが始まりです。

モデナの土地は肥沃でブドウがよく育つため質のよいものを作ることができます。バルサミコ酢はそこで育ったいくつかのブドウ品種をブレンドしてブドウを煮詰めたモストコットを原料とします。
ビオの認証は取っていないものの、それに近い状態で育てているため害虫がつかないか、病気にならないかと気が気ではないが、いい状態を維持するために余念がありません。

次に手入れの行き届いたアチェタイアへ。トラディッツィオナーレ用だけで500、他の物や少し離れた場所の建物や家にある物を合わせると、合計1700個もの樽があります。2階のジュゼッペと名前の入った樽置きには、現在のペドローニ家のバルサミコ酢製造をとりしきるジュゼッペさんの誕生を祝って、父のイタロさんが置いた樽もあります。そうやって代々伝統と品質が引き継がれていきます。

肥沃なブドウ畑

アチェタイアには材質、大きさの違う樽が並ぶ
■ペドローニ家の人々
バルサミコ酢製造をとりしきる息子のジュゼッペさんは「僕は樽の中で育ったようなもの。これ以上の人生はないよ」と語ってくれました。そして彼にとってバルサミコ酢とは「楽しみであり、情熱であり、リラックスできるもの。一言で言ったら、人生のすべて。樽を残してくれた親に感謝しているよ」と、高品質なバルサミコ酢は少ししか造れないけれど、品質だけは譲れないという強い熱意が感じらるのです。

そして、レストランを仕切るジュゼッペさんの父、イタロさんにも話しを聞いてみました。「すべてに気を配ることが大切なんだ。物造りはなんでもそうだけど、例えばラグーだって、誰でも作るとはいえ、おいしいラグーは誰にでも作れるものじゃない。これまで私は団体に所属することはなかった。それは、決まりごとを優先して、本質をおろそかにすることになりかねないからだ」と常に本質を見失わないイタロさんなりの信念を話してくれました。
オステリアの前でポーズをとるイタロさんとジュゼッペさん親子。

■バルサミコ酢を味わう
評判どおり、料理がとてもおいしいイタロさんが取り仕切るレストラン「オステリア・ディ・ルッビアーラ」で味わった料理の一部をご紹介します。
神々しく輝く25年物のバルサミコ酢を一筋かけると、芳醇な甘さと酸味が料理を華やかな味わいにしてくれます。バルサミコ酢を使い慣れていないとついたくさんかけてしまいがちですが、料理の味を引き立てるためにもかけ過ぎてはいけません。
酸味とクリーミーさが引き立てあうトルテッリーニ
ローズマリーとニンニク風味のフリッタータ
バルミジャーノ・レッジャーノには欠かせない
赤ワイン煮の仕上げにかけて香りもコクも倍増
酸味と甘みは抜群の相性
1862年開業の「オステリア・ディ・ルッビアーラ」

■お届け状態
“イタリア好き販売オリジナル仕様”として特製木箱に入れて、ガラススポイトもお付けしてお届けします。25年熟成のバルサミコ酢をゆっくりとご堪能ください。
イタリア好き販売オリジナル仕様
25年熟成味、ぜひ味わってみてよ!

◆商品詳細について◆
原材料 ブドウ果汁
内容量・サイズ 100ml(瓶のサイズ直径 高さ145mm×幅50mm)
伝統的バルサミコ酢として協会から認められた物にだけ許可されるジウジアーロデザインの瓶
賞味期限 2029年10月23日(未開封の場合)
保存方法 冷暗所
製造者 アズィエンダ・アグリコーラ・ペドローニ
生産国 イタリア・モデナ

◆お届け方法・送料について◆
宅急便・送料無料でのお届けとなります。
ただし、以下のエリアへのお届けは追加で送料をいただきます。
[近畿 120円/中国・四国 250円/北海道・九州 400円/沖縄本島・離島は500円]
※追加送料がかかる地域の方は、ご購入後、自動返信メールとは別に変更額を改めてご連絡させていただきます。
※銀行振込希望の方は、別途お送りする「お振込みのご案内メール」をご確認いただいた後、お振込みお手続きをお願いいたします。

■モデナの伝統的バルサミコ酢 25年熟成 エキストラ・ヴェッキオ GIUSEPPEⅡ DOP認定
価格:25,000円(税込・送料込)