フォカッチャ デ レッコ

リグーリア取材で一番の記憶に残っているのが、レッコで食べたフォカッチャ。

フォカッチャと言えば、日本でもおなじみの、厚焼きパンみないたものを想像する。

でも、このレッコのフォカッチャは違う。

薄く伸ばした生地に、ストラッキーノチーズというフレッシュで濃厚なチーズをたっぷりのせ、

その上にそれを覆うように、もう一枚薄く伸ばした生地をかぶせて、焼く。

こんがりと焼き色がつき、中のチーズが溶けたところをいただく。

まあ、今まで食べたことのない味。

ピザとも、フォカッチャとも違う。まさに”フォカッチャ デ レッコ”である。

このチーズだけで食べてももちろん美味しい。

オリーブオイルをかけてワインと一緒に食べれば、この上ない幸せ。



これで6人前くらい。



見た目はザツな感じではありますが… 焼き上がりには問題なし。



ベテランカメリエーレのサービスも気持ちいい。



ほんのり焦げ具合とチーズがマッチ!



ストラッキーノチーズ。フレッシュで濃厚な味わいがやみつきに。

■VITTURIN1860  (ヴィットゥリン1860)

レッコにある老舗の名店

photo:Yasufumi Manda