バジリカータ州(白旗 寛子)

アリアーノにラ・コンタディーナ・シシーナあり

農婦シシーナの食堂

自然派イタリア料理店のオーナーシェフで、毎年、研鑽旅行でイタリア各地を巡る友人がいます。バジリカータは3度目の彼を、今回はぜひにと、アリアーノという村にある、ちょっと面白いレストランにお誘いしました。

レストラン名はタヴェルナ・ラ・コンタディーナ・シシーナ。慎ましくタヴェルナ(食堂)と名乗ってはいますが、真正のオステリアです。

マテーラからは、下道をうねうねと1時間半。なかなか気軽には誘えない州最奥部にあります。第二次大戦前夜、ムッソリーニ率いるファシスト政権に抵抗した思想家や活動家は、政治犯とされ流刑になるケースがありましたが、アリアーノはその拘留地にもなったほど。

アリアーノ村の足下には、地質学で「バッドランド」と呼ぶ荒涼とした涸れ谷が広がる。


そんな隔世の村で、お百姓さんたちが紡いできた、つましくも豊かな農家の家庭料理ということで、ラ・コンタディーナ(農婦)・シシーナというわけです。

小学校に上がると、畑仕事に行くお母さまに代わって、食事の支度をしたシシーナさん。まったくの独学でシェフになった。


現在こそ、サラダなど簡単な作業をする若いアシスタントが一人いますが、120席という大箱の台所を一手に担ってきたのがシシーナさんです。

 

マテーラの夜明けはアリアーノに端を発す

食を知るにはまず歴史から。

映画化もされた『キリストはエボリに止まりぬ』(1945)の著書カルロ・レヴィは、イタリアがファシズムに飲み込まれていく中、反ファシズム思想を貫き、政治犯としてアリアーノ(マテーラ県)に移送、拘留された一人です。

時は1935年。レヴィ33歳。トリノの文筆家、画家であり、大学では医学を修めた、言ってみれば知識人のレヴィですが、アリアーノでは、お百姓さんたちと心を通わせ、同書でバジリカータの現実を綴り、農民の搾取の上に成り立つ体制を浮き彫りにしました。

アリアーノの農民たちの口から語られる奇譚(!)、精霊(!)、まじない(!)等をも、非科学的と一笑に付すことなく、温かいまなざしで語り起こしています。

エボリはカンパーニャ州サレルノ県の人口4万人の村。アリアーノの農民がしばしば口にした「(古代ギリシア人も、古代ローマ人も)キリストさえも、エボリの先(つまりバジリカータ州)まではやって来なかった」という鮮烈なタイトル。


1945年、終戦を待って同書が出版されると、まず、マテーラ県の県庁であるマテーラ市では、1万5千人(全人口30,390人の実に50%)以上が、洞窟住居エリアで暮らしていることが、驚愕を持って世に知れるところとなります。

これが、1952年の「マテーラ市における居住地区サッシの再生法」施行への布石となり、1993年の世界遺産登録へとつながっていきます。

同時に、あの『遠野物語』とも通底するアリアーノの農民の土着の信仰、風変わりな習俗が、文化人類学的な調査の対象にも。神秘の州として、バジリカータおよび南部が、クローズアップされていきます。

左:エルネスト・デ・マルティーノ著『Sud e Magia(南部と呪術)』(初版1959)。右:写真は、季刊誌『MATHERA』2017年創刊号「恐怖と虫を払う呪文」より


さらに近年は、アリアーノはその土着のカーニバルでも注目を集めています。

アリアーノのカーニバル2018年2月

バジリカータのレストラン、本来の姿がここに

そんな歴史の中で、農民が紡いできたアリアーノ料理がまたいいのです。

農民の家庭料理の骨子となるのは、卵と玉ねぎ、じゃがいも、チーズ代わりの生パン粉のフリット、ペコリーノ(羊乳のチーズ)、あとは季節季節の野菜。

マテーラ県のお約束。客人をもてなす前菜のお伴は、パンやクロスティーニではなく、あつあつのペットレ。州内でも地方によって名称が変わる。


“贅沢な”材料はありません。が、土地の良い素材を使ってシシーナさんが作る料理は、どれを食べても、ちょっと目を見張るぐらい、いちいち美味しいのです。





手打ちのオレッキエッテ&フェッリチェッリ(絶品!)の2種を使った田舎風。茹で時間が違うため、本当に美味しく茹で上げるのは、実は難易度が高い。


シシーナにメニューはありません。
席に着くと、5~6品の前菜に始まり、プリモが2品、メインの肉料理とサラダ、フルーツまで、計10品ほどがサーブされます。それが一人一律20€、しかもお水にハウスワイン、食後酒にカフェ込み(!)のお値段です。

そうそう、美味しくてしかも安い、これがバジリカータの食文化なんです。

10年ぐらい前は、マテーラの少し郊外に行くと、そんなオステリアやアグリトゥリズモも珍しくありませんでした。

アリアーノ村では、それが今も健在でした。

 

食べるという営みについて考えた

さて、友人一行の中に、体調がすぐれず、前日の夕食から食が進まなくて…という女性がいらっしゃいました。
ところが、シシーナで「やさしい味のお料理を食べたら、すっかり元気になったんですよね」
「胃を浄化するほど美味しかった」とは、別の方の感想。

良い食事が身体にもたらす影響にびっくりしつつ、食べるという営みは、本来、体(たぶん心も)を養生するものなんだと、強く印象づけられました。

後日、帰国した友人から、「今回のツアーで、シシーナが一番美味しかった、という人が多かった」とメールが届きました。人間は体が癒やされた時、美味しいものを食べたと感じるのかもしれません。

追記。今回シシーナは遅い夏季休業中だったところ、オープン以来、初めての日本人のグループということで、たった9人の私たちのために、レストランを開けてくれたのでした。

バジリカータのレストラン、本来の姿がここにも。

 

La Contadina Sisina – Taverna
Via Roma, 38 – 75010 Aliano (MT)
(0039) 327 0467263 / 0835 568239
Email: info@lacontadinasisina.com.
コースのみ 20€/人
前菜5~6皿、プリモ2皿、メイン1皿、付け合わせ、フルーツ
水、ハウスワイン赤、自家製食後酒、コーヒー込み
*メニューは季節により変わります。
*祝祭日の特別メニューの場合、値段が変わることがあります。

ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。

白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • 雄大な自然の中で育まれてきたアブルッツォ独自の文化や四季のくらしをご紹介します。
    保坂 優子(Yuko Hosaka) 地域ブランディングを主とした都市計画コンサルタント。2002年、イタリアの暮らしにどっぷり浸りたいとアブルッツォ州に1年間留学。以降、大阪とアブルッツォを行き来する生活を続けている。2009年のラクイラ地震を機にアブルッツォ州紹介サイト「Abruzzo piu’」 を立ち上げる。2016年4月からはフリーペーパー「アブルッツォ通信」の共同発行者として、トークショーへの登壇や独自イベントの企画・開催、PRツールの作成、コラムの寄稿などプロモーションにも携わっている。
  • 食の宝庫より、悠久の昔から今へ続く食と文化をバルサミコ酢にかける情熱と共にお届けします!
    堂内 あかね(Akane Douchi) 日本で企業の管理栄養士として5年間勤務後、2005年渡伊。2007年、モデナ屈指の旧家に嫁ぎ、一族に継承されていたバルサミコ酢の樽の管理を夫と共に引き継ぐ。2009年よりスピランベルト市にある「伝統的なバルサミコ酢 愛好者協会」(Consorteria dell’aceto balsamico tradizionale di Modena)に所属し、バルサミコ酢マエストロ試飲鑑定士資格を目指し、研鑽を重ねている。バルサミコ酢の醸造の傍ら、イタリア人向け日本家庭料理教室の講座を北イタリア各所に持つ。また、自宅にて醸造室の試飲見学会、バルサミコ酢を使った食事会、料理教室を主宰。バルサミコ酢醸造のエピソード、見学会などは Facebook Akane in balsamiclandにて紹介中。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』
  • ヴェネトの美味しいとっておき情報をお届けします。
    ヴェネトおよびフリウリを中心に、通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。各種生産者との繋がりをとても大切に、ヴェネト州の驚くほど豊かな食文化を知ってもらうべく、ブログ『パドヴァのとっておき』では料理や季節のおいしい情報を中心に発信するなど活動中。