バジリカータ州(白旗 寛子)

縁あって、ソムリエとマテーラ最高のワインを飲む/後 編

マテーラで最も優れたカンティーナのひとつ

前編につづき)

ソムリエがそう称えるのが、マッセリア・カルディッロです。「ワインにするに足る」ブドウだけを選って、8銘柄をリリースしています。

foto AIS Basilicata 広大な敷地には、穀物・青果を栽培する田畑、レストランにホテルも併設する。


ブドウ畑の近くでは、夢のように甘いミカンが生る土壌にしてなお、選果を通過するのは、収穫量全体の60%に満たないという厳格さです。

「マテーラでは、そうありたくても、経済的に許されないカンティーナがほとんど」と、側にいたソムリエが耳打ちしてくれました。

家族経営で農業主体の兼業カンティーナでは、大切に育てたブドウは、できるだけワインにして売る必要があります。銘ワインを世に出すみたいな事は、いつも後回しにされてきたわけです。

紀元前7世紀にまで遡るワイン造りの歴史がありながら、格付けワインがなかったマテーラで、D.O.Cの認定に尽力したのが、カルディッロでした。

古代ギリシア植民都市時代の赤絵式クラテール。ワインを水で希釈するのに用いた。カルディッロからもほど近い、ピスティッチ村にいた陶工集団の手による最古のもの(紀元前440~430年)。


実際、ワイン造りのどの工程を切り取っても、マテーラD.O.C.全体を見据え、背負って、牽引するカンティーナの矜持をビシビシ感じました。

 

鉄壁は「マランドリーナ」 マテーラ・モーロD.O.C.

カルディッロはマランドリーナという赤で知られます。例のマテーラ・モーロ D.O.C.の1本で、土着品種のプリミティーヴォに、国際品種のカヴェルネとメルローをブレンド。

世界の愛飲家を見据えた野心的な一本は、数年来、AISバジリカータのワイン評で「エクセレント」を取り続けています。

foto AIS Basilicata「マランドリーナ 2014」マテーラ・モーロD.O.C.

侯爵夫人の「バルック」 マテーラ・プリミティーヴォD.O.C.

カルディッロをマテーラで最も優れたカンティーナ足らしめているのが、バルックという赤です。

何を隠そう、この7月に極秘にマテーラを訪れた英ウェストミンスター侯爵夫人から、うちうちの依頼を受けたAISマテーラ支部の代表のサムエーレ氏が、侯爵夫人のテイスティングのために選んだ2本のうちの1本が、このバルックでした。

もう1本は、州を代表するアリアーニコ・デル・ヴルトゥレD.O.C.G.のこちらも名高い赤でしたが、レディ・ナタリアは、バルックをことのほかお気に召したとのこと。

foto AIS Basilicata 「バルック2014」 マテーラ・プリミティーヴォD.O.C.


バルックは土着品種のプリミティーヴォだけで造る、カルディッロのとっておき、いわば最高峰ワインです。

それをあえてアメリカ産のオーク樽で熟成させることで、きどらない、こなれたワインに仕上げているんだとか。

数は多くないが、「バルック」用のアメリカンオークが並ぶ。カンティーナの清潔さは、ちょっと例をみないほど。


ソムリエになろうという地元のワイン好きにもバルックがぶっちぎりの人気でした。

 

【おまけ】カルディッロによる、ソムリエのためのランチ

テイスティングには、マランドリーナ、バルックを含めた7銘柄がずらりと並びました。

カルディッロの赤4本。マテーラでワインといえば赤。


それに合わせ、この日、カルディッロが組み立てたメニューは、ザ・マテーラ料理で、奇をてらったものは何もないのですが、それぞれが美味しかったこと!

「全部できたてですよ」という7、8種のフォカッチャとカルツォーネで、ランチ開始。台所を一手に預かるシェフ自ら、切り分けてくれる。


Foto AIS Basilicata 40人からの大所帯につき、この日はビュッフェスタイルだった。写真提供:隣にいたソムリエのクラウディオさん。ソムリエは盛り付けも、写真もお上手。笑


マランドリーナ2014 マテーラ・モーロD.O.C. 新会長エウジェニオさんが、日本人になら…といって選んでくれたのがこちら。


ワインにまつわる四方山話が聞けるのも、ソムリエと一緒なればこそ。

マテーラに限らず、イタリア各地にAISの支部がありますので、ソムリエと一緒にカンティーナ見学、かなりおすすめです。

伊ソムリエ協会マテーラ支部では、下記のサービスを提供しています。

駆け足でマテーラを巡る人には
侯爵夫人も利用した
【テイスティングの出張サービス】

ソムリエがご要望にかなう州ワインを厳選、テイスティングサービスに伺います。

マテーラ市内の:
・ご希望のレストランで(ランチ、ディナーに合わせて)
・お泊りのホテル、B&Bで(お食事前のアペリティ―ヴォに)
※ダイニングルームとキッチンを備えた宿泊施設に限ります。

生産者に会いに
【ソムリエとカンティーナ見学】

アリア―ニコ・デル・ヴルトゥレD.O.C.G.地方
マテーラD.O.C.地方

【ご予約・お問合せはメールで】
Associazione Italiana Sommelier Basillicata
Delegazione di Matera
伊ソムリエ協会 マテーラ支部
e-mail: aismatera@gmail.com(英語可)

ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。

白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • 雄大な自然の中で育まれてきたアブルッツォ独自の文化や四季のくらしをご紹介します。
    保坂 優子(Yuko Hosaka) 地域ブランディングを主とした都市計画コンサルタント。2002年、イタリアの暮らしにどっぷり浸りたいとアブルッツォ州に1年間留学。以降、大阪とアブルッツォを行き来する生活を続けている。2009年のラクイラ地震を機にアブルッツォ州紹介サイト「Abruzzo piu’」 を立ち上げる。2016年4月からはフリーペーパー「アブルッツォ通信」の共同発行者として、トークショーへの登壇や独自イベントの企画・開催、PRツールの作成、コラムの寄稿などプロモーションにも携わっている。
  • 食の宝庫より、悠久の昔から今へ続く食と文化をバルサミコ酢にかける情熱と共にお届けします!
    堂内 あかね(Akane Douchi) 日本で企業の管理栄養士として5年間勤務後、2005年渡伊。2007年、モデナ屈指の旧家に嫁ぎ、一族に継承されていたバルサミコ酢の樽の管理を夫と共に引き継ぐ。2009年よりスピランベルト市にある「伝統的なバルサミコ酢 愛好者協会」(Consorteria dell’aceto balsamico tradizionale di Modena)に所属し、バルサミコ酢マエストロ試飲鑑定士資格を目指し、研鑽を重ねている。バルサミコ酢の醸造の傍ら、イタリア人向け日本家庭料理教室の講座を北イタリア各所に持つ。また、自宅にて醸造室の試飲見学会、バルサミコ酢を使った食事会、料理教室を主宰。バルサミコ酢醸造のエピソード、見学会などは Facebook Akane in balsamiclandにて紹介中。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』
  • ヴェネトの美味しいとっておき情報をお届けします。
    ヴェネトおよびフリウリを中心に、通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。各種生産者との繋がりをとても大切に、ヴェネト州の驚くほど豊かな食文化を知ってもらうべく、ブログ『パドヴァのとっておき』では料理や季節のおいしい情報を中心に発信するなど活動中。