バジリカータ州(白旗 寛子)

南イタリア風シャビーシックと古道具で三方よし/後編

修復師の仕事とは

前編から続き)
アレッサンドロの本業は修復師です。経年で劣化した家具木工を元の姿に復元します。

例えば、こんなものから…

(修復前)

foto©A.Castanoマテーラの大聖堂蔵の18世紀の告解台(中にいる司祭さまに小窓から罪を告白します)。


(修復後)

foto©Archivio A.Castano


ぐっと身近に、古い門扉や玄関の扉まで。

foto©Archivio A.Castano


特に世界遺産のサッシ地区では、門扉および鎧戸、開口部の建具は木(もく)と定められているので、修復依頼は絶えません。

こちらはサッシ地区のさる私邸で、雨ざらしにされていた玄関の扉です。

foto©A.Castano


ひっかかるところがあって、持ち主から譲りうけ、修復してみると、1924年の日付とともに、自らをEbanista 高級指し物師と名乗った職人のサインが出てきました。

foto©A.Castano 修復を手掛ける、やはり一級の修復師しか知り得ない記録。


情熱があってこそですが、すくいあげるのも修復師の仕事ということでしょうか。

「ただ元に戻す」が信条のアレッサンドロですが、ありきたりな古道具ならば、持ち主の愛着を汲んでリメイクしてくれます。

foto©Archivio A.Castano 友人C宅ではシャビーなテーブルをホワイトで塗装、洗面台にしてもらった。手前の扉もアレッサンドロが修復。


同じ情熱でもって、小学校に出向けば、まことに自由闊達なイタリアのちびっこたちをもたちまちくぎ付けにし、

foto©Archivio A.Castano


ストリートで修復作業を実演すれば、マテーラ市民も興味津々です。

foto©Archivio A.Castano


 

マテーラにA.カスターノあり

アレッサンドロが、修復と両輪であると考える古道具店。アレッサンドロはこの店を、アンティーク⇔修復⇔人がつながる場に育てていきたい、と考えていました。

foto©A.Castano /自らの名前とともに「高級指し物の修復」を掲げる。


修復師であり、古物商・古書古本商であり、マテーラの古い写真や私書のコレクターでもあるアレッサンドロを媒体に、古い物を手放したい人、欲しい人がつながる場所。さらには、古い家具を修復したい人、リメイクしたい人、アンティーク好き、郷土史好きが集う店+ショールーム+サロン+ギャラリーのような場所です。

お店では、アレッサンドロがさんざん試してたどり着いた、上物のシェラック(ニス)も販売。使い方も指南してくれます。

foto©A.Castano インド産のシュラック1袋1㎏入り/10€。木箱に入った金箔のようなものがシュラック。なんと虫の分泌物由来。


ちょうどこの日、facebookを見たというお馴染みの女性客が来店。さっそくお目当ての古本を囲んで、初対面のわたしも促されたかっこうで、すぐに「この本のここがすごい」談義が始まりました。

直後に激しい夕立があって、雨宿りを決め込んだこの女性は、50年代のソファー(商品)に深々と腰かけると、買ったばかりの野草に関する本を読み始めるのでした。

アレッサンドロが目指すのは、きっとこんな気の置けない場所。

 

50~60年代のモダンインテリアで、三方よし

修復との両輪で存在感を増すA.カスターノには、ごく直近も、サッシ地区の由緒ある館から17~18世紀の家具調度が、委託されました。マテーラではなかなか出てこない真正のアンティークです。

対しまして、今出てくるのは、50~60年代に結婚して新居を構えた世代=おばあちゃんの家にある類の①50~60年代に、②工場で、③量産された、④モダニズム(様式)の家具…の模造品です。

「物事をむき出しにしてはいけません」と言われますし、理由はつまびらかにしませんが笑、この手の家具は、マテーラではどの世代にも人気がなく、従って、子どもや孫があっさり手放すことになります。

50~60年代の肘掛け椅子。5年以上も前、アレッサンドロから購入。1脚わずか60€だったが、アーム部分で3段階のリクライニングになる。


なかなか気の利いたデザインだと気をよくしていたら、アントニオ・ゴルゴーネ(ナポリ)の50年代のひじ掛け椅子の模造品のようです。

とはいえ、洋服も家具も優れたデザインが、広く模倣されるのは、今も同じ。60年代~のクラフト・リヴァイバルで、一品製作の家具への揺り戻しもあり、今でも衣食住はコンサバティブな人が多いマテーラでは、相当ハイカラだったはず。

たった120€で、粗大ゴミが2つばかり減り、私はといえば、今度は椅子を張替えてくれる職人さんに、ああだこうだ言いながら張替えをお願いする楽しみが増えました。

もし将来、この肘掛けに飽き飽きしても、たぶん買い手がつくのも、古い家具のいいところです。

売り手よし、買い手よし、世間よし。

 

【イトリアの谷のアンティーク市】Antiquariato in Valle d’Itria
2018年8月11日(土)~8月19日(日)@マルティーナ・フランカ(プーリア)

【マテーラの蚤の市】
毎月第2土日@ヴィットリオ・ヴェネト広場Piazza Vittorio Veneto/マテーラ

【アンティーク家具修復A.カスターノ】
A. CASTANO Ebanisteria & Restauro
https://www.instagram.com/ebanisteria_restauro/
ショールーム
Viale Europa, 6C – 75100 Matera
月~金 16:00~20:00
土  09:00~13:00/16:00~20:00

ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。

白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • 雄大な自然の中で育まれてきたアブルッツォ独自の文化や四季のくらしをご紹介します。
    保坂 優子(Yuko Hosaka) 地域ブランディングを主とした都市計画コンサルタント。2002年、イタリアの暮らしにどっぷり浸りたいとアブルッツォ州に1年間留学。以降、大阪とアブルッツォを行き来する生活を続けている。2009年のラクイラ地震を機にアブルッツォ州紹介サイト「Abruzzo piu’」 を立ち上げる。2016年4月からはフリーペーパー「アブルッツォ通信」の共同発行者として、トークショーへの登壇や独自イベントの企画・開催、PRツールの作成、コラムの寄稿などプロモーションにも携わっている。
  • 食の宝庫より、悠久の昔から今へ続く食と文化をバルサミコ酢にかける情熱と共にお届けします!
    堂内 あかね(Akane Douchi) 日本で企業の管理栄養士として5年間勤務後、2005年渡伊。2007年、モデナ屈指の旧家に嫁ぎ、一族に継承されていたバルサミコ酢の樽の管理を夫と共に引き継ぐ。2009年よりスピランベルト市にある「伝統的なバルサミコ酢 愛好者協会」(Consorteria dell’aceto balsamico tradizionale di Modena)に所属し、バルサミコ酢マエストロ試飲鑑定士資格を目指し、研鑽を重ねている。バルサミコ酢の醸造の傍ら、イタリア人向け日本家庭料理教室の講座を北イタリア各所に持つ。また、自宅にて醸造室の試飲見学会、バルサミコ酢を使った食事会、料理教室を主宰。バルサミコ酢醸造のエピソード、見学会などは Facebook Akane in balsamiclandにて紹介中。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』
  • ヴェネトの美味しいとっておき情報をお届けします。
    ヴェネトおよびフリウリを中心に、通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。各種生産者との繋がりをとても大切に、ヴェネト州の驚くほど豊かな食文化を知ってもらうべく、ブログ『パドヴァのとっておき』では料理や季節のおいしい情報を中心に発信するなど活動中。