トスカーナ州(鈴木暢彦)

キァンティとキァンティ・クラッシコ!

こんにちは!

シエナの鈴木です。

今回は、前回記事の【アンテプリマ】の続きで、キァンティ・クラッシコのワインのアンテプリマについてご案内したいと思います。


キァンティ・クラッシコのアンテプリマ『キァンティ・クラッシコ・コレクション』の会場となったフィレンツェのスタツィオーネ・レオポルダです。

入場の受付


このイベントは毎年2月に催され、世界中のジャーナリストや地元イタリアの飲食従事者が参加し、キァンティ・クラッシコワインをテイスティングします。

今年のワインリストは、アンナータ(ベースのタイプ)、リゼルヴァ、グランセレツィオーネの3タイプから、延べ436種類のキァンティクラッシコとなりました。

ジャーナリスト限定のテイスティングフロア


サービスするのは地元トスカーナのソムリエたちです。イタリアのソムリエ機関の中でも最も重要なアソシエーションの一つであるAIS(Associazione Italiana Sommelier)のフィレンツェ支部、シエナ支部、アレッツォ支部、プラート支部などからこのイベントのために招集されます。

ソムリエは担当のテーブルを持ち、ジャーナリストたちのテイスティング希望のワインをサーブしていきます。


参加された日本人のジャーナリストの中にはイタリアワインのバイブル本『基本イタリアワイン』の著者である林茂さんもいらっしゃいました。

この度2月に改訂版が装いも新たに出版され、さらにイタリアワインと日本食の相性も実践した項目を加筆するなど大きくページ数が増えました。プロとして飲食で働かれている方や複雑なイタリアワインの枠組みを理解したい方にはとても参考になる本です。

また今回のキァンティ・クラッシコ・コレクション2018では、テレビや雑誌でも活躍中のジャーナリスト宮嶋勲さんがキァンティ・クラッシコを世界へ発信し、その発展に尽力したジャーナリストの一人として表彰を受けました。


おめでとうございます!


さて、ところかわり生産者たちが所狭しと並ぶテイスティングのフロア。

185社のワイナリーの参加となりました。

キァンティクラッシコのワイナリーは350社ほどですので、そのうちの約半数が参加していることになります。それにしても、ものすごい数の出展者数ですね!

ここで、わかりにくい『キァンティ』と『キァンティ・クラッシコ』ワインの違いを少しお勉強しましょう。


上の図はトスカーナ州の地図になりますが、

グレーの色が銘柄『キァンティ』の生産できるエリアです。とにかく広いですね。トスカーナ州10県のうち6県にまたがり生産が認められています。一つの銘柄(DOC・DOCG)ワインとしてはイタリアにおいて異例の生産エリアの大きさです。

そして赤色のエリアが『キァンティ・クラッシコ』を生産できるエリア。シエナとフィレンツェの間の丘陵地です。

キァンティ・クラッシコのエリアというのは、もともとキァンティが発祥したクラシカルなエリアということで、生産者たちはまさにキァンティの歴史を伝承する重要な地区でワインを生産していることになります。

シエナ県には、その名も『キァンティ』と名の付いた発祥の村があります。(カステッリーナ・イン・キァンティ、ラッダ・イン・キァンティ、ガイオーレ・イン・キァンティ)

シンプルに考えれば、当時のキァンティは大変人気で需要があり、オリジナルのエリアだけでは生産量が足りず、生産できるエリアが拡大していったということでしょう。

ということで、本家本元のキァンティ、『キァンティ・クラッシコ』のワインというのは、当然保護されるべきワインとなり、独自のブランドを確立するにいたったのです。

味わいやクオリティーの部分で両者を比較すると、

キァンティというワインは、法律では最低でも70%以上サンジョヴェーゼ種、場合により白ブドウも混醸することが許可されています。

※もともと当時のキァンティのレシピは白ブドウも加えたもの。飲み心地の軽やかさにつながる

一方、キァンティ・クラッシコのワインというのは、最低でも80%以上がサンジョヴェーゼであり、白ブドウを混醸することが禁止されています。

それは世界のいわゆる『クオリティーワイン』という認識において、

ある程度のストラクチャー(構成力・強さ・凝縮感)が求められていて、年数を重ねてバランスを整えていけるようなワインが理想とされるからです。

よって白ブドウを加えて、強さ、刺激を和らげるということはせず、熟成によって仕上げていくという生産者の意識があります。

それでは、一部ではありますが生産者の顔ぶれを少しご覧いただきましょう!

Vecchie Terre di Montefili


Ormanni


Monteraponi


La Lama


Losi Querciavalle


Triacca La Madonnina


Le Masse


Solatione


L’Erta di Radda


Bibbiano


Forza Chianti Classico!

それでは、また次回もお楽しみに!
鈴木暢彦

ホームページ 『トッカ・ア・シエナ』https://www.toccaasiena.com

トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!

鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。
  • 雄大な自然の中で育まれてきたアブルッツォ独自の文化や四季のくらしをご紹介します。
    保坂 優子(Yuko Hosaka) 地域ブランディングを主とした都市計画コンサルタント。2002年、イタリアの暮らしにどっぷり浸りたいとアブルッツォ州に1年間留学。以降、大阪とアブルッツォを行き来する生活を続けている。2009年のラクイラ地震を機にアブルッツォ州紹介サイト「Abruzzo piu’」 を立ち上げる。2016年4月からはフリーペーパー「アブルッツォ通信」の共同発行者として、トークショーへの登壇や独自イベントの企画・開催、PRツールの作成、コラムの寄稿などプロモーションにも携わっている。
  • 食の宝庫より、悠久の昔から今へ続く食と文化をバルサミコ酢にかける情熱と共にお届けします!
    堂内 あかね(Akane Douchi) 日本で企業の管理栄養士として5年間勤務後、2005年渡伊。2007年、モデナ屈指の旧家に嫁ぎ、一族に継承されていたバルサミコ酢の樽の管理を夫と共に引き継ぐ。2009年よりスピランベルト市にある「伝統的なバルサミコ酢 愛好者協会」(Consorteria dell’aceto balsamico tradizionale di Modena)に所属し、バルサミコ酢マエストロ試飲鑑定士資格を目指し、研鑽を重ねている。バルサミコ酢の醸造の傍ら、イタリア人向け日本家庭料理教室の講座を北イタリア各所に持つ。また、自宅にて醸造室の試飲見学会、バルサミコ酢を使った食事会、料理教室を主宰。バルサミコ酢醸造のエピソード、見学会などは Facebook Akane in balsamiclandにて紹介中。
  • トスカーナ州シエナ在のワインショップオーナーです!ワインやシエナの情報をお届けします!
    鈴木暢彦(Nobuhiko Suzuki) トスカーナ州シエナ在住。2009年渡伊。シエナの国立ワイン文化機関『エノテカ・イタリアーナ』のワインバー・ワインショップにて5年間ソムリエとして勤務。2015年よりシエナ中心街カンポ広場付近にイタリア人と共同でワインショップをオープン。現地ワイナリーツアーも企画し、一般からプロの方までのアテンドで100軒以上のワイナリーへ訪問。また、日本へのイタリアワイン輸出のサポート業務も行い、イタリアワインの日本マーケットの構築に貢献している。イタリアの著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏、パオロ・カチョルニャ氏が手がけるワインも日本へ紹介。資格・・・AISソムリエプロフェッショニスタ。 シエナ観光・ワイン情報サイト『トッカ・ア・シエナ』
  • ヴェネトの美味しいとっておき情報をお届けします。
    ヴェネトおよびフリウリを中心に、通訳、翻訳、地元マンマの料理レッスン及び生産者訪問コーディネイト、そして野菜を中心とする農産品の輸出業などの活動を行う。各種生産者との繋がりをとても大切に、ヴェネト州の驚くほど豊かな食文化を知ってもらうべく、ブログ『パドヴァのとっておき』では料理や季節のおいしい情報を中心に発信するなど活動中。