マルケ州(林 由紀子)

ハーブを使ったイタリアの修道院のレシピたち

皆さんこんにちは!

今日は、ここ最近の私の食のキーワードである、イタリアの修道院の食文化について触れてみようかと思います。と言うのも先日、以前から著書を読ませていただき、一度お会いしたいと夢見ていた食文化研究者のTommaso Lucchettiさんのセミナーにやっと参加することができたためなんです。


彼は宗教に絡んだ食文化や修道院のレシピ本などを多数書かれていて、今回のセミナーではキリスト教ベネデッテイーノ(ベネデイクト)派の食文化についてお話をしてくださいました。


このベネデッテイーノ派の活動は、現在のイタリアにおける薬草学の原点であり、いわゆるハーブの栽培が修道院で行われるようになったはじめの宗派と言われています。ハーブは染色用、ハーブテイー用、軟膏用、そしてリキュール製造用(アルコール類、取り分けワインは中世では薬とされていました)に分けられ、修道女の仕事も”看護師”と”薬草の栽培と加工”担当に役割がはっきり分かれていたと言われています。ではどのように薬用ハーブを栽培するに至ったのでしょう。

ノルチャの聖ベネデイクトは、紀元後480年に生まれた聖人で、ローマで行政官になるための勉強をしていましたが、17歳で学問を捨てて神の道に入ります。砂漠で苦行をしたキリストの精神世界に少しでも歩み寄ろうと、山奥に籠り、ストイックな環境に身を置き、食事は山にある木の実や山菜を加熱せずに食すという当時の文明からは程遠い生活をしていたそうです。そんな彼の生き方に感化された多くの人も、彼に習い深い山で野生に近い生活を試みますが、食べることの出来る野草を理解するというものも学が必要なもの、毒性のあるものを食べてしまい命を落とす者もいたり、体調を崩し看病が必要な者が出たりと、崇拝者が増えれば増えるほど、1箇所に拠点を設ける必要性が生まれ、遂に修道院を設立します。修道院とは修道士や修道女の生活を管理する他、遠方からの巡礼者を受け入れたり、病気のものを招き入れて看病したりといういわゆる病院のような役割も果たしていましたので、食物となる作物や薬用に使われるハーブを栽培する必要が生まれ、これが今日の薬草学の原点となったという訳です。



さてそんな説明をトマソさんにして頂いたあと、お楽しみのお食事です。


マルケ州の修道院をはじめ、イタリア各地から集められたレシピから作られたお料理が並び、その多くはハーブが使われているものでした。中にはあの有名なヒルデガルドが考案したサラダもありました!

まずはこちら。


“Acqua cieca”~盲目の水~と呼ばれる1品。

野生のチコリ、トマト、ニンニク、オリーブオイル、パン、塩。

シンプルな味は現代のイタリア料理からさほど遠くなく、美味しく頂けました🎶

カステル•リタルデイという町のサンタカテリーナ修道院のレシピです。

次はこちら。


 

“Fave bollite e condite “~茹でそらまめの和えもの~•••ボッビオ修道院

“Crostini alla borragine”~ボリジのクロステイーニ”•••サンタンジェロ.イン.パンターノ修道院

こちらの2品にも、野生のフェンネルやオフィシナルのボリジが使われており、大変美味しいかったです。


“Raviole rotte”~壊れたラビオリ~

フダンソウやチーズがたっぷり入った小さなボール状の1品。サンタマリア•デッラ•ネーヴェ修道院


“Salsa ai capperi”~ケッパー入りソース~

ローマンミント、ニンニク、アーモンド、酢に浸けたパン粉、レモン汁。こちらも美味しくいただきました。

サンタンジェロ•イン•ポンターノ修道院

 


“Insalata secondo santa Ildegarda”~ヒルデガルド風サラダ~

私の大好きなワイルドレタス(Lactuca virosa)やバジル、パセリ、オリーブやゆで卵などが入っており、大変美味しかったです。ヒルデガルドさんもベネデッテイーノ派だったとは💕何だか嬉しい。


“Timballo di zucca “~カボチャのテインバッロ~

カボチャに野生のフェンネルと玉ねぎやパセリ、シナモンや卵などを加えたリッチな1品。当時は大変な高級品だったシナモンの存在が、特別な時の料理だったことを物語っています。


参加者の皆さんと先生を囲んで和気あいあいとお食事…ハーブの話しにも花が咲きます。

今回のセミナーで修道院がどれだけ学校や病院のような役割をしてきたか、またレシピをドキュメントとして残してこれている、という点でも読み書きの出来た彼らは、食文化の後継にとても貢献しているのだな~と強く感じました。

これからも小さなライフワークとして少しずつ勉強していきたいと思います!

また更にデイープでマイナーな情報をお伝えしていきますね。それでは、また次回に!

 

 

 

マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!

林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。

イタリアからの旬の情報をお届け

  • 届けます、掘っても尽きないイタリアの季節の宝、朗らか人生を!
    岩崎 幹子(Motoko Iwasaki) ピエモンテの静かな山村で狼を友に夫と暮らす。郷土に根差し胸を張って生きる人たちとの縁に恵まれ、農業・経済・文化コーディネートの他、執筆活動を続ける。
  • イタ リア有数の米と南瓜の産地から旬な情報や日々の暮らしぶりをご紹介!
    高橋 正美(Masami Takahashi) イタリアワインを学ぶため2000年に渡伊。ブレーシャ近郊の2つ星レストランでのソムリエ勤務を経て、2004年からミラノで日本人向けのワイン講座を開講。現在はソムリエとしての仕事と平行し、主に食関連の日伊企業のコーディネーター業務にも携わる日々。イタリア人夫と娘(11歳)の3人、ロンバルディア州マントヴァ郊外の田舎暮らし。ブログ『イタリアで暮らして』で日々の暮らしを綴る。
  • 花の都フィレンツェからイタリアの魅力をお届けします。
    小林 真子(Mako Kobayashi) フィレンツェ在住、ライター、元静岡朝日テレビ報道記者。フィレンツェ在局FMラジオに出演中。イタリアの労働ビザを取得し起業、イタリア製アイテムのオンラインショップ「アミーカマコ」を経営。「週刊新潮」でイタリア関連記事、「宅ふぁいる便」「あがるイタリア」等でコラムを連載。イギリス留学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校留学。海外約30ヶ国を訪れ、イタリアは20州のうち17州周遊。 ショップ:AmicaMakoオンラインショップ/ブログ:AmicaMakoイタリアンスタイルFACEBOOKInstagram
  • マルケ州から、こよなく愛するレアな食、工芸、土着文化をご紹介します!
    林 由紀子(Yukiko Hayashi) マルケ州、ウルビーノ近郊のカーイ(Cagli)在住。1999年渡伊、ファエンツァの国立美術陶芸学校の陶彫刻科を卒業後、現代美術アーティストBertozzi&Casoniのもとでアシスタントとして12年に渡ってコラボする。2003年にマルケ在住のイタリア人と結婚したのをきっかけに、マルケ州の郷土料理や工芸、美術文化に強く惹かれ、自らも陶芸家として活動する中、ウルビーノを中心とするマルケ北部や県境近郊の食文化、美術工芸文化を発信する(ラファエロの丘から)を立ち上げ、現地アテンドや料理教室、工芸体験などのオーガナイスや、ウルビーノを紹介する記事などを執筆。
  • 路地に小さな工房がひしめくナポリ……そんな職人さんの手作りをお届けします。
    祝 美也子(Miyako Iwai) カンパーニア州在住。イタリアの家庭料理に憧れ渡伊。1997年よりナポリ在住。日本での情報誌編集制作勤務経験を活かし、2005年スローフード協会公式ブック”Slow”日本版の現地取材コーディネーションを始め、様々なコーディネート、執筆を多々手がける。1995年より南イタリア情報サイトPiazzaItalia設立。ナポリにてマンマに習うナポリの家庭料理教室などを主宰。ブログ「ナポリのテラスから」で日々の生活をを綴る。
  • プーリアの農民文化が育んだ愛情溢れる手作りの温もりをお届けします。
    大橋 美奈子(Minako Ohashi) プーリア州在住。1999年プーリアと日本の架け橋になるべく(有)ダプーリア設立。2008年子育てのため夫の故郷Valle d’Itriaへ移住。スローライフを実践しながらプーリア仲間増殖活動中。
  • ちょっと旅したくなるような、マテーラまわりのとっておきをお伝えします。
    白旗 寛子(Hiroko Shirahata) 2003年渡伊、同年よりマテーラ在住。取材コーディネーター、通訳、翻訳、寄稿(伊語/日本語)を軸に、地域のよろずプロモーターでありたい。
  • カラブリア州のおススメ観光情報などを現地からお届けします。
    カラブリア州コゼンツァ市在住のコーディネーター・通訳・翻訳。スキーと食べ物を愛するAB型。一応ソムリエ。カラブリア州の毎日の生活は「カラブリア.com」にて紹介中。
  • まだまだ知られざるサルデーニャの魅力を”食“を通してご紹介します。
    藤田 智子(Fujita Tomoko) Delizie主宰。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、’00年にイタリアに渡りピエモンテを拠点に各地のアグリツリズモで料理修業。’03年よりサルデーニャに移住し、家庭料理や食材の探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネー ト。日本でも料理教室を年何回か開催。著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)。 
  • 美食の島シチリアより、地元民のみぞ知る美味しい情報を生中継!
    佐藤 礼子(Reiko Sato) 2005年よりイタリアの南の島、シチリア島在住。力強い大地の恵みと美しい大自然にすっかり魅せられ、ここシチリアに残ることを心に決める。現在、シチリア食文化を研究しつつ、トラーパニでシチリア料理教室を開催。また、シチリア美食の旅をコーディネートする「ラ ターボラ シチリアーナ」の代表&コーディネーターとしてトラーパニで活動中。 年に2回の東京での料理教室を始め、全国各地で料理イベントを開催、また企業とのコラボでシチリアの食文化を発信するなど、日本でも精力的に活動を行っている。 シチリアの美味しい情報はブログ「La Tavola Siciliana〜美味しい&幸せなシチリアの食卓〜」から。